京都のスイーツをお土産にしたい時にいいものは

五感で楽しむ京菓子で

平安時代の雅な雰囲気が残る京都ですが、お土産のお菓子に何を買ったらいいのか、有名なお店もお菓子も多すぎてどれを選んだらいいのか決められないという人も多いでしょう。やはり京都の文化を色濃く表現しているものの方がお土産としては適していますから、有名な京菓子から相手に合ったものをピックアップしてみてはいかがでしょうか。京菓子は目で外見を楽しみ、舌でお菓子の味と触感を感じ、鼻でほのかに香る匂いを、そして耳でお菓子の名前の響きを味わうものとされています。つまり、五感すべてを満足させるために作られているのです。味噌松風や八つ橋などがあります。見た目が繊細な練りきりによく似ている、こなしというものもきれいです。

京都の抹茶スイーツを

京菓子は京都の貴族文化と歴史が詰まっていますが、新しい京都のお菓子も続々作られています。洋菓子と和菓子の要素を融合させたような、今風のものも多いですよね。宇治は抹茶が有名ですが、京都は抹茶スイーツのお店もたくさんあります。全国の百貨店で催される京都展でも選び抜かれた抹茶スイーツが販売されていますよね。宇治で作られた上質な抹茶を使ったお菓子はほろ苦さと上品さが同居した、京都ならではのスイーツです。和菓子の他、抹茶プリンやロールケーキ、チョコレートなどバリエーションも豊富ですし、お店で抹茶を使ったパフェなどをいただくこともできます。お店で食べても美味しいですし、お土産としても喜ばれやすいので抹茶スイーツは優れものです。